FC2ブログ

突入!

(カテゴリなし)
01 /31 2008
いよいよ戦闘モード突入でございます。 二月九日。お楽しみあれ!
スポンサーサイト



自由を失う。

(カテゴリなし)
01 /30 2008
ご存知の通り、 大企業は『売上が悪い』という理由で、下請けの中小企業に厳しい条件で仕事をさせる。 下請けは、それじゃやっていけねぇよ!会社存続の危機だ!って事で従業員の給料やボーナスを減らす。 すると、従業員は使えるお金が少なくなったので、節約・節約!って事で消費を抑える。 すると、物を買ってくれないので大企業の売上が下がる。 と言うのが不景気の簡単なスパイラル。 中には「やってられっか!ばーか!」と言って辞めてしまう人も出て来るので、それらの人へ失業保険を支払う、税収は減るという国まで貧乏になる悪循環。 よく聞く言葉、 『お金は使う人の所に帰ってくる』 という意味の一つが上記。 またしても勘違いの俺。 『使えば使う程どっかから入って来る』 勝手に解釈し、さらにそう信じて疑わなかった。 だから俺は毎日270円のビールを6本買い、300円のタバコを2箱買い、1回の給油で一万円を越える車に乗り続け、ロレックスだって買った。今はとりあえずヤバいけど、そのうち入ってくっから大丈夫!!って 使い放題使った。 それなのに… いつまで待っても全然入ってこねぇじゃねぇか馬鹿野郎!!と怒鳴り散らすも虚しく、時既に遅し。 ドエトフスキーは言いました。 『貨幣は鋳造された自由である』と… 私はその自由を失ってしまいましたよドエトフスキーさん!な給料日前日の夜。

勘違い。でも…。

(カテゴリなし)
01 /29 2008
俺の勘違いを数え上げたらきりがないが、 例えば、『ケンタッキー』の看板に書かれているジジイの蝶ネクタイを、 手と足だと高校生位まで思っていたし、(明日街で見てみて下さい。本当にそう見えるから。) 『太田井さん』って人が発明した薬だと思っていたら『太田胃散』だったし。 『アサダーメ』って名前とばっかり思っていたら、 『浅田飴』だったり。 挙げていったらキリがねぇ。 でもね、俺の1番の勘違いは 『もしかして俺には音楽の才能があるかも』 と思ってしまった事かな。 好きな事や趣味、生活、お金、ワイルドカードがイイって言ってくれる人、この日記を毎日見てくれてる人。 上手く行かない事が多いけど、大事にしなきゃなんない事たくさんある。 どれか一つなんて絶対に選べない。 俺は欲張りだからな。 みんなサンキュー!! もうちょっと頑張るよ。

トラブル続き。

(カテゴリなし)
01 /28 2008
年齢は40代前半。 少し青色の入った銀縁の眼鏡が皮脂でくすんでいる。 薄いピンクのワイシャツに、ベージユのセーターを着るでもなく袖の部分を肩から前へだらりと回し、羽織った男。 もう30分も前から腕組みをして動かない。 灰皿に吸い殻の山。 眉間の皺がより一層深くなったかと思ったその時、 ゆっくり目を開け一言。 『う~ん。おっぱい!!』 何が起こったのか全くわからないといった表情の周りのスタッフ。 さらに続ける男。 『とにかくさぁ、これじゃぁいくらなんでもつまらないよ!あまりにもおっぱいだよ!!』 スタッフは聞こえない振り。 『何かもうちょっとさぁ、こうドラマチックな感じ欲しいよね!韓流的な?みたいな?的な?みたいな?』 またか…と顔を見合わせるスタッフ。 『よっしゃ!ここらでもう一発トラブル行っちゃおうよ!トラブル!そうだなぁ…今回は泥沼系トラブルで行こうか!!』 『うんうん!イイネ!!このトラブルで絶対絶命って所まで落として、そこからはい上がる主人公。』 『うん!ドラマチックだなぁ!これでまた数字ドーン!でギロッポン(六本木)でチャンネー(女性)とシースー(寿司)みたいな的なみたいな?』 と勝ち誇ったような表情で男。 いそいそと準備を始めるスタッフ。 『この演出で視聴者クリビツテンギョウ(びっくり仰天)だから!んで、数字ドーンだから大丈夫!じゃ後よろしくぅ!』と矢沢永吉風に言って部屋を出る。 スタッフも嫌々ながらテキパキとトラブルを準備する。 『プロデューサー鼻毛伸びてたなぁ』等と思いながら… と、そんないい加減なプロデューサーやスタッフがどっかで俺の人生の糸を引いてんじゃねぇか?って さっきトラックの中で松屋の牛丼を手が滑ってひっくり返した時に思いましたよ。

これから、これから。

(カテゴリなし)
01 /27 2008
久しぶりに疑いの無い様な青空の日曜日。 一歩も外へ出ず。 一円も遣わず。 一回もギターに触れず。 通常の倍以上のアルコールを摂取し。 『明日行きたくねぇなぁ』と百回呟き。 今頃になって、『なんて無駄な一日を過ごしちまったんだ!』と なぜか慌てふためく有様。 もう手を伸ばしたって届かない。 さっきまで確かに変えられる可能性のあった現実。 今はもう過去になっちまった。 これは変えようがない。 だから俺は今から呑みに出掛ける。 今が変えられない過去になっちまう前にね。

ライブに向けて。

(カテゴリなし)
01 /27 2008
俺はいっつも自分の為に唄っている。 でもそれをみんなの前で演るってのは、 『俺はここに存在しているよ』って言う苦し紛れの自己表現と、 『俺みたいな奴でも人前に立てるんだから、みんなも絶対大丈夫だよ!』って言うエールのつもり。 期待せず、諦めず。 そのバランス感覚が難しいんだな。 お・お・お・おにぎりなんだな(裸の大将より抜粋) ららら。

そんな事言うなよ…

(カテゴリなし)
01 /26 2008
私、付き合って絶対上手くいかないタイプがね…… 『B型の人!』 或いは、 えーっ!B型なんだぁ! 全然そんな感じに見えないよ!だって凄いみんなに気を遣うじゃん?えー意外! などと言う会話を耳にすると、 『ふざけた事言ってんじゃねぇ!いつもB型が悪い様に言い方しやがって!』 『大体血液型なんかで性格が解んのかよ!百歩譲ってそうだとしたら、世界には四つの性格しかねぇって事になるんだぞ!つまらん世の中だねぇ!』 『そもそもそんな事言ってるてめぇは何型なんだよ?え?A型?そうかぁじゃあ君はA型至上主義の団体で他の血液型を非難し続けるわけ?』 『違うでしょ?B型だけなぜか酷評するんでしょ?嫌だなぁそういうの!なんか人の心に潜んだイジメ精神みたいなの!』 『もしもの話だよ?あなたが学校の先生かなんかで、人の個性を伸ばさなきゃいけない立場だったとしてさぁ、散らかした子供に対して「あなたはO型だからもっと散らかしなさい!コラ!あなたはA型なんだからしっかり片付けなさい!あっ!あなたはAB型だからもっと独創的でいなさい!憎きB型!あぁむかつく!放っとこう!」なんて事やってみ?』 『学級崩壊どころか人格崩壊だよ!つまりお前のB型批判思想は、人格崩壊をもたらし得る危険思想なんだよ!分かったら二度とB型バッシングするなよ!』 と私は言いたく… ならない! なぜなら 俺は… O型だから!! うらら~

何ですか?

(カテゴリなし)
01 /25 2008
何かの事情で一度逃げてしまって、その事に対して自分を正当化して、言い訳をする。 再び苦しい場面が来て、同じ様に逃げ、正当化し、言い訳をする。 それを繰り返す内に、誰の目から見ても 『言い訳上手の負け犬』 になっちまう。 当の本人、それにすら気付けない位鈍った人間になってしまう。 そう信じて今までやってきた。『何でも逃げずに真っ向勝負。言い訳なんかしねぇぞ!!』と武士をイメージした生活を送ってきた。 つもり… でもね、最近思うよ。 また戦う覚悟があるなら、たまには逃げたっていいんじゃねぇの?ってね。 誰にも言えずに、内面で戦ってる物って、ピンポイントで傷付けてくるくせに反撃しようと思うと実態の掴めねぇぼんやりした物に変化しちまう厄介な野郎だからねぇ。 たまには逃げちまえよ! 息が詰まりそうなら。 ちょっと酒呑んで、笑い合って、また次へゴーだ!! 言い訳したい気持ちグッと堪えてまた明日へゴーだ! みんなが戦っている物って何ですか? ちなみに、俺が戦ってるのは、いっつも俺自身です。

そうでしょ?

(カテゴリなし)
01 /24 2008
様々な場面においてよくあるセリフ。『私に同調して下さい』と言う意味の言葉。 例えば… 『~って言われたんだケドどう思う?』とか、 『~だと思わない?』 或いは 『~みたいな事言われたらこっちもそう思っちゃうじゃん?』 とかって言われると、 あぁこの人は自分こそが正義で、みんなも自分と同じ考え方であると信じて疑わないひとなんだなぁ… と感じ、少々の嫌悪感を抱く。 『あの時あの場面で俺はこんな気持ちになったんだ』 とだけ言って、後は何も語らず、相手の言葉を待つ。 そういった自分以外の人への探究心や、謙虚さを俺は持ち続けていたい。 みんなもそう思うでしょ? って、それじゃぁ矛盾だらけですよ藤崎さん!な木曜の夜。

氷雨。

(カテゴリなし)
01 /23 2008
俺が住んでるマンションは一階部分が駐車場になっているので、雨や雪にさらされる事はない。 だが… 今朝、雪がたくさん降ったので一時間早起きをし、 俺の借りている駐車場の隣の車のボンネットの上に、 直径30㌢大の雪だるまをこしらえて載せ、 その雪だるまには段ボールが刺さっていて『おはようございます!』と書いておく。 車の所有者が降りてきて、雪だるまに気付く。 『何だよこれ!時間がねぇのによ!って雪だるまを払いのける』 傍らで見てる俺。 雪だるまには予め鈴が仕込んであり、払いのけたと同時に音が鳴る。 『チャリン…』 『?』 音に気付いた男はふと『元雪だるま』だった雪に目をやる 。 するとその雪の中から牛乳パックを切った長方形の紙。何やら文字が書いてある。 『いつもありがとうございます。これはほんの御礼の気持ちです。どうかお受け取り下さい。車の下を御覧下さい』 と油性ペンで… 『何だろ?』と思い、 しゃがむのではなく、足は伸ばしたまま顔だけを膝に近づける様にして覗き込む男。 傍らで笑いを堪える俺。 すると、タイヤの直径の半分が雪で埋まっている。 積もるはずの無い場所で。 しかもその雪は、固めては水を吹き掛け、固めては水を吹き掛けを繰り返し、さらにその水は塩分を含ませた物であるため、氷化していて容易に車を発車させる事はできない。 困り果てた男、とりあえずエンジンを掛けんとするが、運転席側のドアノブに 『ばーか!うんこ!』 と書いてある。 『何故俺がこんな目に?』 と、完全に疑心暗鬼になり、何もかともが恐怖となる男。 傍らで爆笑する俺。 ってな計画を、隣の、いつも俺の挨拶を当然の様に無視する住人にしてやろうかな。 と昨晩からビールを呑み呑み企ててたのに… 降らなかったから別の方法を考えますよ水曜の氷雨の夜。

賞賛の嵐。

(カテゴリなし)
01 /22 2008
何故かタキシード姿の俺。 周りに同じ様に正装をした男女20名前後。 突如会場が暗転し、鳴り響くドラムロール 『ドコドコドコドコ……』 ムービングライトが無作為に会場の中を縦横無尽に照らしまくる。 ドラムロールが鳴り止むと同時にムービングライトもピタっと止まり、ピンスポットで俺の姿を照らす。 余りに眩しいので一瞬ホワイトアウトし、視界が真っ白になりたじろぐ。 その全ての事が一瞬の内に過ぎ、突然のアナウンス。 『今日の千葉市で一番頑張ったで賞』は… 『若葉区在住の藤崎さんです!!』ドラムロールが鳴り止むと同時に。 2秒の沈黙のあと、 空気が『ぅわん!』 という感じでたわみ、 その歪みが賞賛の拍手と大歓声となり会場がぐわぐわ揺れる。 『ブラボー!ブラボー!』 『ワー!ワー!ヒュー!』等と。 「さぁここで受賞者の藤崎さんに一言いただきましょう。」とアナウンサーがマイクを手渡す。 スポットライトが直撃しているため観客は見えない。 しかし、この歓声から推測するにおそらく2000人前後。 口が渇くのを感じる。 『えー今回はこんなに素晴らしい賞をありがとうございます。』 一気に静まり返る会場。 『やっぱり大事なのは、無駄と思う事でもガンガンやっていく事だと思います』 おそらく酔っ払っているであろう観客が「よっ!」とか「いいぞ!いいぞ!」とか吐かす。 わざと聞こえる様に『チッ』と舌打ちをした後。 『やってみて無駄だったなぁと思えたなら、それは無駄じゃない。もうやらないでおこうと言う教訓だと思います。一番恐れなくてはいけないのは、これって無駄じゃねぇか?とか、これでいいのかな?って疑問も抱かずに、ただ二の足を踏み続ける毎日だと思います。』 観客の目に涙。 『俺でも出来たんですから、皆さんもきっと大丈夫です!繰り返しのようでそうではないこの毎日を少しずつ進んで行きましょう!!!ちんぽこ!!!』 ブラボー!!ブラボー!!ブラボー!ブラボー!! スタンディングオベーションの2000人。会場の拍手と歓声の音が塊となって空気を振動させ、髪が揺れる。 と言う妄想をさっき会社の終礼中に巡らせた俺は 『頑張ったで賞』には絶対選ばれない事に気付いた火曜日の夜。

みんなのヒーロー。

(カテゴリなし)
01 /21 2008
昼ご飯を食べにココイチへ。 カウンターに座り、メニユーをめくる。 隣の男。歳の頃40代。 店員に対し 「ビーフカツカレー、辛さは普通でライスは1000グラムで」 『!!!』 店内に戦慄が走る。 暫くして運ばれて来る1㌔のカレー。 その男まさに『ヒーロー』 俺を含めた店内全員の視線を一身に集め、事もなげに予め水に浸けていたスプーンで喰らい始める。 俺は思う。 『畜生!!いいなぁ!俺も目立ちたい!視線を独り占めしたい!』 やってやるよ馬鹿野郎! しかし、まさかこの身体に1㌔もカレーが入る訳がない。それは解ってる。 じゃあ俺の負けか?否!! 俺の勝利のポイント。つまり奴以上に目立てる方法は 『辛さで勝負』である。 奴は決定的なミスを犯した。 量はハンパじゃないが、辛さは普通。 カレーがカレーである為の1番重要なファクター『辛さ』をないがしろにした事。 つまり作戦はこう、 『カレーってのは辛くなきゃね、辛いからカレーって言うんだぜ!大盛だからカレーって訳じゃねぇんだ!そういうのはレベルが低いよね!』って言う雰囲気をだしつつ、とびきり辛いのを顔色一つ変えずにサッと喰ってサッと帰る。 すると店内。 『あの人クールね!』 『あんなに辛いのを!?』『顔色一つ変えずに!』 と言う感じになり、 『それに比べてあの人イヤーね!』 『ガツガツ食べてまるで家畜だわ!』 となる。 イケる!これならイケる! 確信した俺、 わりと張り気味の声で。 『すいませーん!海老煮込みカレー!ライスは400(←せめてもの抵抗)で、辛さはそうだなぁ…10辛で!』 (10辛は通常の30倍) 俺、クール!!疑う余地も無い程に… の、はずが 「はい!海老煮込み400で10辛ですね!かしこまりましたー!!」 あれ? 『!!!』って感じは? 10辛だよ? わざわざみんなに聞こえるように、 『そう!10辛ね!!』 と繰り返すも、有線放送に掻き消され… 暫く運ばれてくるカレー。 ごわっ!!辛ぇ!! 痛い!痛い!口が痛い!!と口の痛さを感じているのもつかの間、心臓の鼓動に合わせて耳まで痛くなる。 体中に噴き出す汗、そして感情のエナジー。 『無理かも知んねぇ…』 そう思った頃。 『ごっそさん!!』と 隣のデブ。 みんなの注目を浴び、会計を済まし店外へ。 傍らの俺、汗だくの顔面でスプーンの先で海老をぐじぐじ弄ぶ始末。 必死で喰う事一時間弱… 俺は俺に出来る事を、背伸びせず、一生懸命やって行こうと誓った月曜の午後。 ってな事をトイレで腹痛と戦いながら、携帯でポチポチ打ち込んでいる月曜の夜。

無い物ねだり。

(カテゴリなし)
01 /20 2008
先週はシートベルトの件で グズグズになっていたので今日はしっかり楽しみますよ!日曜のご馳走。 笑点~ちびまる子~サザエさん~ダッシュ村のフルコース。 さっきまで鉄腕!DASH!!見てたんだケド、 俺、好きだなぁ。 TOKIOの山口君。 ガッシリした体型で、明るくて、何でも器用にこなしちゃう。 無い物ねだりってのはこんな感じか? 身長178㌢体重57㌔。鉛筆みたいな体型。日々鬱屈した思考を巡らせ、 『頑固者』との評価を30年受け続けている俺… あっ!『好き』って変な意味じゃないよ! イヤイヤイヤイヤ断じてそんな事ないからね! も~ぅ。どんだけぇ~!! って鏡の前で人差し指を左右に振ってみる日曜の夜。

面倒くせぇなぁもう。

(カテゴリなし)
01 /19 2008
別に遺書の下書きをしているのではありません。 作詞です作詞。 今日は『キテル』 俺は『キテル』感バリバリだ! 毎日日記を読んで下さる人から 『大丈夫?』 『病院行ったら?』 『頭おかしいんですか?』 という暖かい言葉を多数頂戴しておりますが、 大体いつもこうだな、 ギューっと暗い気持ちに入っていって、暫くしてまた明るい気持ちに復活したときに、歌詞が浮かぶ。 面倒くせぇ脳みそだなぁ。 まったく…

同志求む!

(カテゴリなし)
01 /18 2008
今日は冷えるね。 厚着をしない俺には特に堪えるよ。 北海道北部ではマイナス33度だって!どんな感じだろう?マイナス33度…。気になる… わずか半年前は熊谷で40度オーバーの酷暑だったのを思い出す。 あの時はあの時で『温暖化による異常気象』と騒ぎ、新橋のスーツ姿の男性が、ガリガリ君をかじりながら 「いやぁ、暑いッス」 と訴える姿がテレビに写り、 寒くなると日本海側の雪深い地域の人を写すのをみる度に、 このテレビは何が伝えたいんだろ?って思う。 暑い日は暑い、雪の日は雪。それだけの事。 人間だけが偉そうに『不便だ!大変だ!』と騒ぐのは傲慢。 『人間も自然の一部』 俺が厚着もしないし、夏にエアコンも使わない、雨に傘もささないようになったにのはそれに気付いた時から。 追伸 『じゃあお前、何で裸で生きないんだよ!車にも乗ってるんだろ!』 とかって思った人へ… あなたの精神衛生上よくないので、この日記は読まない方がいいと思います。 『ふぅん。こんな人もいるんだ』 って気持ちで読んでくれたら幸いです。

いつ決める?

(カテゴリなし)
01 /17 2008
ががーっ!なんか冴えねぇなぁ! 酒にも自分にも酔えないでいる。 迷って迷っていっつもフラフラしっ放し。 自分にイラつく夜。 何回繰り返したんだ? こんな夜を。 いつまで繰り返すんだ? 俺は… みんな頑張ってるのに…

気持ちの塞いだ夜に。

(カテゴリなし)
01 /16 2008
会社の同僚。22歳。男性。 最近付き合いだした彼女の写真を見せ、 『マージコレオレヤバクナイッスカー』と歓喜の表情。 『はっ?!』と俺。 『マージコレオレヤバクナイッスカー』と、もう一度彼。 (刑事・暮れ・ヒゲ・砂漠・フィニッシュかぁ:i:%F9%9A:グッド:)のイントネーションで、尚且つ素早く。 上手く伝わらないが、そんな感じに聞こえる。 暫くの沈黙の後、『本気でこの私は危険ではないですか?』と言う意味であると解釈をし、 『うん。ヤバいと思うよ。と』伝えた所。 『ソッスヨネー!ソッスヨネー!』とボクサー具志堅の『チョッチュネー』 の発音で言い。『ヒョー!』とか言いながら、跳びはねている。 本当に危険であると判断した俺は、さっさと会社を出発。 トラックのなかで誰も見てない事を確認してから、 マージコレオレヤバクナイッスカー… そっと呟いてみる。 マージコレオレヤバクナイッスカー もう一度←(結構楽しい) フフフ!笑いが何故か込み上げる。 ちょっと気持ちが塞いだ夜は発音してみる事にした。 意味は解らずとも、これはこれで魔法のことば。 ライブでは使わんけどね(笑)

整頓整頓。

(カテゴリなし)
01 /15 2008
俺は毎年『大掃除』なんてのはやらない。年末だから家の掃除をするのが当たり前だ!と言う固定観念がないから。掃除したいなぁと思った時がやり時。 大掃除して、スッキリした気持ちで新年を迎えたいと思っている人はやりゃイイと思うし別に否定もしない。 ただ俺を巻き込むんじゃねぇぞって思うだけ。 お陰でいっつも散らかっている我が家ですが、大事な物はすぐに見つかる様になっています。 曲や歌詞のネタ帳、通帳、印鑑、リモコンの類、ビールや焼酎の場所。絶対に変えずにポジションマークしてある。 『心』もそうでありたいと常々感じております。 毎日のゴチャゴチャの中でとっ散らかった心でも、大事な部分はサッと取り出せる。迷いなく見つけられる。 そんな『気持ち』の整理整頓をして行きたいな。 まとめてじゃなくて、毎日少しずつ。

何かへ向かって。

(カテゴリなし)
01 /14 2008
『俺はそこに山があるから登るだけだケド、何か文句ある?いちいちうるせぇなぁ!ばーか!』(本当はそんな言い方していませんが…)と、有名な登山家は名言をのこしましたが、 俺は『そこに人生があったから生きていく』って考え方でしばらくやってみようかな。 山登りなんかした事ねぇから分からないケドね。 キツい登りを。突然の吹雪の中を。予想もしなかったハプニングを…一つ一つ冷静に判断して、一歩一歩こなして行こう。 その環境のなかで、出来るだけ快適な姿勢で…

希望の光…

(カテゴリなし)
01 /13 2008
『曇りのち晴れ』 ってイイね!希望が目に見えるとしたらこう言う感じなのかなぁ等と考えながら、ヨッシヤ!ちょっくら書店へ出向くか!と意気込み、車内にブルース界の巨匠である『ハウリン・ウルフ』の盤を鳴らし、 曇りのち晴れ、イイなぁ…特に日曜日のは更にイイなぁと浮かれムード。 今日はこのまま夕方まで本を読み、週に一度のお楽しみ。笑点~ちびまる子~サザエさん~ダッシュ村のフルコースでビールだな! 考えただけでもニヤけちまう。ご機嫌な俺はハウリン・ウルフの跳ねるリズムに合わせて首を前後にカクカク動かす。 さぁあの角を曲がったら書店だ!こっからはちょっと急ぐぜ!揺れるぞ!しっかりつかまってるんだ! と阿部寛の口調で独り言を言い、カーブを曲がった瞬間!! シートベルトで捕まりました。 ゴールド免許…果てしなく遠い… まぁ今になって考えりゃ黒ぶち眼鏡でヒゲもロクに剃ってない30歳の男がジヤージ姿で、ニヤニヤしながら、更に首をカクカク前後に揺さぶりながら運転している様子を見られたら、 シートベルトしてても捕まったんだろうな… 心は『曇りのち晴れ、直後土砂降り』な日曜の午後。

探しています。

(カテゴリなし)
01 /13 2008
大変だ!気付いたらライブまで後一ヶ月もねぇぞ! って事で本日ライブリハーサルでございました。 よく他のバンドの人達に 「リハーサルは頻繁にやってるんですかぁ?」等と聞かれた場合。 「馬鹿野郎!そんなもんやるか!俺達ゃロックンロールだぜ!魂ぶちまけるのに練習が必要か?ナメんなよ!消えてしまいなさい!」 と暴言を浴びせ掛けるのでありますが(凄い人達であると思われたい為。) 実際はかなり頻繁にやってます。リハーサル。 演奏に関してはやればやっただけと言う感じがあるので、しょっちゅうリハーサルをしてるお陰で別段心配はないのですが、私にとってライブステージに於いて一番の恐怖が、そう、曲と曲との間の時間。一般的に言われるMCってやつ。 何か気の利いた事を喋って会場を盛り上げたり、和ませたりする作業。 苦手でございます。全くをもって苦手。 俺にも必殺技がありゃなあ…。 それ自体に意味なんか無くたってその言葉を発すると、場がドッと沸く言葉。 加藤茶氏の『うんこちんちん』 ダンディ坂野氏の『ゲッツ!』 さらに最近では小島よしお氏の『オッパッピー』に匹敵する言葉。 探しています。そんな言葉を。 魔法みたいなその一言をみんなが眠っている間に…

境界線。

(カテゴリなし)
01 /11 2008
『普通』って言葉の意味すらも考えた事もない奴らが、「これが当たり前だ」って念仏みたいに繰り返し、俺こそ正義!と思って疑わず、発言する人を見ると『鈍器で撲殺したいなぁ』と言う衝動にかられる。 大体そういう奴に限って 「お前は変わり者だ」とか平気で言ってきたりするので困りものだ。 知らない間に簡単に人を傷つける事ってあると思う(本人に悪意は無かったとしても)。 相手がどんな『当たり前』の持ち主なのかをしっかりと受け入れる気持ちのゆとりって大事。 いつ当たり前が当たり前じゃ無くなるかは、誰にも分からないから。 鎖国当時に坂本龍馬の事を圧倒的多数の人間はどう思ったか? 通説なんかは通用しないんだ。 そんな気持ちで俺は人と接していきたい。

出会い。

(カテゴリなし)
01 /09 2008
俺達ワイルドカードは、元々高校の同級生だったんだけれども、当時は別に仲良くもなかったんだよね。 だって、関はウオーズマンみたいな髪型して(前髪は眉毛の3センチ上で一文字、こめかみのあたりでその前髪が直角に耳たぶのあたりまで急降下。さらに耳たぶで直角に曲がり、前髪と平行になる)何故か赤いランドセルを背負って登校し、ベランダで『ヤリチン!ヤリチン!』と絶叫する始末。 慎介は染まりきらない茶色のロン毛で、何故かローラースケートで登校し、奴のお袋さんが作ってくれたお弁当(白飯におかずがパンと言う非常に独創的な物)を旨い、旨い!と喰らい。教師に喧嘩を仕掛け、顔が白くなるまで首絞められていた男。 普通なら誰もが関わりたくねぇと思う奴らと、成績優秀だった俺が、今だにバンド演ってんだからなぁ。 笑っちまうよ。 追伸。関と慎介へ。 俺の当時の事書いたら殺すぞ!!(書いてくれって言うフリじゃねえぞ!マジだマジ!!)

いつ、誰が。

(カテゴリなし)
01 /08 2008
今朝新聞を読んでいたら、歌手の浜崎あゆみさんの耳が病気で聞こえなくなってしまったらしい。 俺は本人じゃないので、彼女の気持ちは計り知れないが、相当なショックだろうな、多分。 おそらく何百万人の彼女ののファンもショックに違いない。 俺は思う。 『芸能人』つまり、多くの人が顔や名前を知っている人なんてのは、極小数。 日本国の総人口にからすると、15万人に1人いるかいないか位の比率。例えるなら、東京ドーム三つ満員にした中のたったの一人だ。 そんな恵まれた?ラッキーな?才能のある人たちがこういった不幸に見舞われる度(カンニング中島、風見しんご、本田みなこ等々)でも実際はもっともっと多くの人が不幸にあってるんだろうな。 俺達の知らない所で、俺を含めた14万9999人の人達の生活の中で…。 全力で生きてっか?俺。

心のハンドル

(カテゴリなし)
01 /07 2008
目的地まで車で道を走っていて、「あっ!今の所左だったかも…」なんて思いながら、とりあえず真っ直ぐ進む。最初に生まれた小さな小さな心の違和感。 しばらく走って、やっぱり左折が正解だと気付くも、曲がり角なんかありゃしない一本道。 やっぱりあの時曲がっときゃ10分得しただの、どうのこうの…何か俺の精神状態ってそいうのに近いな。 心の違和感はとりあえず見ない事にして、法定速度内でただ惰力運転の直進。 アクセル踏むのもためらう始末。 俺の思う『強い人』は、心の違和感をじっくり観察できる人。 そして曲がり角をゆっくりと、自分だけのペースで注意深く、ためらわずに曲がれる人。 そんな事を考えた雨の夕暮れ。

行ったり来たり。

(カテゴリなし)
01 /06 2008
冗談じゃねえぜ全く。 去年の暮れからひどい腹痛で、一日に5回も6回もトイレに行ったり来たり。 お陰様で年越しもトイレで迎えるという何とも情けねぇ事になっちまった。 何より困ったのは酒がマズいんだわ。 俺は就寝までにビールを3リットル呑まないと眠れない体質なので、ビールが呑めない→眠れない→仕方ないから起きてる→タバコを吸う→喉が痛くなる→ヤケクソで無理矢理呑む→トイレにダッシュ→眠れない。 どうすりゃいいんだ!

発進!

(カテゴリなし)
01 /06 2008
おっす!オラ藤崎っ!! 本日はワイルドカード新年初リハーサルでございました。メンバーそれぞれに、のんびりした正月を過ごしたようでなによりだ。 さてリハーサルの内容ですが、只今新曲のアレンジ真っ最中です。 俺達のスタイルは、先ず俺が作曲。その後作詞(平均二ヶ月。作詞は時間かかるんだわ俺。)で、メンバーに聞いてもらって、オッケーだったらアレンジ開始。メンバー様がちょっとノリ気でなかった場合は 『テメぇらどんなセンスしてんだ馬鹿野郎!』と暴言を吐くも、やりたくないもんはしょうがねぇって事でボツになる。 俺は曲のアレンジを家で創り込んだりはまずしない。関や慎介がどんな風に感じてくれて、どんな風に楽器で表現してくれるかを知りたいから。その個々の感じかたのベクトル、その相乗効果こそがバンドだと思ってるから。 でもホント感謝だよな。 俺ごときが創った曲を二人が人生の時間削って演ってくれるんだからな。 完成した曲が、ほんのワン・フレーズでも、ちょっとした歌詞でも皆さんの心に届いたらイイなぁと思っているのはきっと3人共通の願いです。 何はともあれ、2008年ワイルドカード無事発進です。今年もどうぞよろしく!

思ってるんだ。

(カテゴリなし)
01 /04 2008
理想や夢はフワフワ柔らかいのに、現実はいつも硬くて大きい。 俺は、現実の枠からこっそりすり抜けたいといつも思っている。 その先にあるのが、また現実だろうが、はたまた夢の世界であろうが…。 現実は騙してやりたい。自分には負けないでいたい。

どうなる事やら。

(カテゴリなし)
01 /03 2008
生まれてこのかた、飲酒と喫煙以外は何一つ長続きしなかった俺が、日記を毎日つけなくてはいけなくなったのはこれまた因果な事だと思う今日この頃、皆さん明けましておめでとうございます。藤崎です。 我々、ワイルドカードは 2008年は改革の年になるとそれぞれに感じておりまして、今年は新しい事をドンドン やって行こうじゃねぇか!って事で、その第一弾が『二死満塁日記バージョン』でございます! そうです!私の日常が丸見えです!恥部全開!花びら大回転でございます!! さてさてどうなる事やら。